(c) B-up 英会話 静岡市

フォニックス   Phonics

[アルファベットの音や読み方の規則性] のことです。


日本語は”あいうえお”という文字と音が一致しています。

つまり、”あいうえお”は「あいうえお」としか読みようがありませんよね。

それに対し英語は文字と音が一致していないことが多いのです。

例えば、"BED" 。この単語の読み方は、ビィー、イー、ディー?…ではなく、「ブェッドゥ」、

カタカナでいう「ベッド」です。

この単語を英語らしく読むには、B/E/Dそれぞれの音を知っていればいいわけです。


簡単に言うと、このアルファベットのそれぞれの持っている音がフォニックスの基本です。

また、それらを組み合わせる時に知っていると便利な規則もフォニックスルールとして学習しま

フォニックスとは?

『音と文字をくっつける作業』をします。


アルファベットのA〜Zには名前があり、それぞれが、

      A(エイ) B(ビー) C(スィー) D(ディー)… と呼ばれていますね

では、フォニックスでアルファベットの音を読んでみると、

      A(ェア) B(ブ)  C(クッ)  D(ドゥッ)… というような音になります

この”音読み”が出来て来たら、音と文字がくっつくことで「英単語」ができることを気づかせます。


    例をあげると  d + o + g = ドゥッ+ア/ォ+グッ ⇒ dog (ドゥッア/ォグッ)  犬

          c + a + t = クッ+ェア+トゥッ    ⇒ cat (クッェアットゥッ) 猫


(※英語の発音は、カタカナでは書き表せないものですが、ここではカタカナで書くより方法がないので、

あえて無理やりに書いています…。読みにくい不思議な言葉になってしまいましたね、スミマセン。

どんなふうに学ぶの?

『可能性は未知!』自信がつく


フォニックスを学ぶことで、初めて見た、聞いた単語も「読める・書ける」という技能が身に付き、自立した英語学習者を育て、そして、その大きな助けになります。

つづりを丸暗記しなくても、正しく単語を書ける、英語らしく発音出来るようになるともいえます。

(フォニックスを学ぶことで、知らない単語でもそのうちの約75パーセントを「正しい発音で読める」

  といわれています。)

自分の力で読み書きができることは、子ども達だけでなく、全ての英語学習者にとって、自信となります。また、わかることの楽しさから、より一層英語に興味を持てるようになります。

フォニックスとは?

フォニックスを学ぶと?