静岡市葵区の英会話教室です。2歳〜幼児、小学生クラス、中高・大人クラス、シニアクラスまで。少人数制の、楽しく”身に付く”レッスンです。まずは英語との良い出会いを★そしてそれを自信へつなげます。オープニングキャンペーン実施中!!

 
フォニックスとは? 
どんなふうに学ぶの? 
どんなふうに学ぶの? 

『可能性は未知!』自信がつく

フォニックスを学ぶことで、初めて見た、聞いた単語も「読める・書ける」という技能が身に付き、自立した英語学習者を育て、そして、その大きな助けになります。
つづりを丸暗記しなくても、正しく単語を書ける、英語らしく発音出来るようになるともいえます。

(フォニックスを学ぶことで、知らない単語でもそのうちの約75パーセントを「正しい発音で読める」といわれています。)

自分の力で読み書きができることは、子ども達だけでなく、全ての英語学習者にとって、自信となります。また、わかることの楽しさから、より一層英語に興味を持てるようになります。

   フォニックスを学ぶと? 

[アルファベットの音や読み方の規則性] のことです。


日本語は”あいうえお”という文字と音が一致しています。

つまり、”あいうえお”は「あいうえお」としか読みようがありませんよね。

それに対し英語は文字と音が一致していないことが多いのです。

例えば、"BED" 。この単語の読み方は、ビィー、イー、ディー?…ではなく、「ブェッドゥ」、

カタカナでいう「ベッド」です。

この単語を英語らしく読むには、B/E/Dそれぞれの音を知っていればいいわけです。


簡単に言うと、このアルファベットのそれぞれの持っている音がフォニックスの基本です。

また、それらを組み合わせる時に知っていると便利な規則もフォニックスルールとして学習します。

『音と文字をくっつける作業』をします。

アルファベットのA〜Zには名前があり、それぞれが、
      
A(エイ) B(ビー) C(スィー) D(ディー)… と呼ばれていますね
では、フォニックスでアルファベットの音を読んでみると、
      
A(ェア) B(ブ)  C(クッ)  D(ドゥッ)… というような音になります

この”音読み”が出来て来たら、音と文字がくっつくことで「英単語」ができることを気づかせます。


    例をあげると  d + o + g = ドゥッ+ア/ォ+グッ ⇒ dog (ドゥッア/ォグッ)  犬

          c + a + t = クッ+ェア+トゥッ    ⇒ cat (クッェアットゥッ) 猫


(※英語の発音は、カタカナでは書き表せないものですが、ここではカタカナで書くより方法がないので、あえて無理やりに書いています…。読みにくい不思議な言葉になってしまいましたね、スミマセン。

大手と呼ばれる英会話スクールや、個人経営のアットホームな教室で、子供から大人まで、実用英会話、TOEIC、英検対策など様々なクラスを指導し、また、時には英会話講師を目指す”先生のタマゴさん”たちの指導に携わってきました。その中で、すべてに共通していること。それが、

       「楽しくなければ続かない! でも、 楽しいだけでは伸びない!」  ということです。


「楽しい」は大事

 楽しい!と思う気持ちには、パワーがあります。自然にやる気を引き出します。

初めて英語に触れる子ども達も、大人になってもう一度英語に挑戦してみた生徒さんも、まずは「楽しい」と感じることは大切なこと。その気持ちがやる気への一番の近道です。

やる気が「英語」に、「国際コミュニケーション」に、興味を持たせ、英語をもっと好きにさせくれます。

英語との良い”出会い”、”再会”はとても大切です。

 特に子供たちには、「楽しいこと」がどんどん身に付く「楽しいだけでも伸びる時期」があります。(羨ましい限りです。)例えば、レッスン中にちょっと使った表現を「いつ覚えたの?!」とこちらがびっくりするほどの早さで使いこなすようになってくれたりもします。


でも!!そんな超人的な時期は残念ながら永遠ではありません。

 ある時、5年も英会話に通い続けたが単語もままならないという小学生と出会う事がありました。

本人は英語環境に慣れ親しんでいる様子で、挨拶の英語を使うのも大好き。5年間の英会話歴は無駄では無いのは確かです。しかし、お母さんも、「5年も通っていたはずなのにねぇ…」とちょっと不可思議そう。

子どもたちは正直です。彼らは「楽しいことは続けたい」の気持ちでレッスンに参加してくれます。

もちろん、その気持ちはとても大切です。英語は楽しくが基本で、そこが原点。

ですが、子供たちには、善くも悪くも、楽しいだけのレッスンが通用してしまうのです。

そして、(嬉しいことに)我が子の英語力に期待する親御さんにも、”生徒確保!”に懸命なお教室に対しても「英語、続けたい」と言ってくれます。

でも、これでは、もったいない!!せっかくお教室に通うなら、喜んで英語のレッスンに来てくれるのなら、『楽しくレッスンすること』と『しっかり学ぶこと』は共にあるべき。

いつの間にか「英語を”学ぶ事”は楽しい」と思えるようになってしまって欲しい、そう思います。

 

 B-up英会話は、英語って楽しいと思える「英語との良い出会いの場」であり、引き出したやる気で一緒に成長し、それを自信につなげていく教室であるために努力していきます。

そして、プレッシャーを感じることなく英語環境で過ごせる”国際人”を育てることを目指します。


B-up英会話

B-up英会話は、英語って楽しいと思える「英語との良い出会いの場」であり、引き出したやる気で一緒に成長し、それを自信につなげていく教室であるために努力していきます。

そして、プレッシャーを感じることなく英語環境で過ごせる”国際人”を育てることを目指します。



静岡市英会話 Shizuoka City English School こども英会話 and 大人英会話 Language Conversation School



安東地区 安東周辺 安東 大岩 英会話 b-up ビーアップ 子ども 子供 こども 安東小学校 英語 教室 ならいごと 

スクール




 クラス


     info